私がキレイになった秘密!!

自分を変えていきます。

エステでボディケアをする若返りとフェイスリフトについて脂肪注入のメリット

こんにちは!!

ご訪問ありがとうございます。

f:id:zaitakuworks:20201116121920p:plain

若返りとフェイスリフトについて

 

若返りには色々な方法がありますが、中でも人気があるのはフェイスリストです。

 

年を取ると、年齢の影響が目に見える形で現れるのは仕方がないものです。年を取ると増えるたるみ、しみ、しわなどを気に病む人はたくさんいます。

 

この頃は、アンチエイジングという若返り技法を追い求める人が増えており、メディアでも取り上げられています。

 

加齢による影響を抑制したり、若返りをはかることが可能なサプリメントや化粧品がどんどん販売されています。しわやたるみの多い顔は実年齢以上に老けて見えてしまいがちなので、早期の対応が重要です。

 

老化の影響を受けにくい肌でいるには、丁寧にスキンケアを施すことで肌の状態を良いものに保つことです。

 

とはいえ、たるみやしわは筋肉、靭帯、脂肪などの顔を構成する様々な要素の上に皮膚がかぶさってできるもので、様々な原因が複合しています。

 

肌にたるみやしわができにくくするためフェイスリストに取り組む人は大勢おり、その手段もバリエーションがあります。

 

一言でフェイスリフトと言っても、効果のある期間も違います。フェイスリフトによる傷の有無や、料金的なものにもかなりの幅があります。

 

エステや美容クリニックでフェイスリストを受ける人は増加しつつあり、若返りが達成できたと感じている人も少なくないようです。

 

皮膚のコンディションが年齢による影響を受けないよう、普段からフェイスリストなど、若返りに効果的なサプリメントや道具を使い続けることも効果があるでしょう。

 

エステでボディケアをする

 

エステサロンには、ボディケアのコースがあるところが多いようです。

 

コース内容は、各エステサロンによって違います。

 

例えば、ボディケアによってダイエットを目指していても、ダイエットしたい部位や原因で対処には差があります。

 

血流改善やリンパマッサージをメインにしたボディケアならば、むくみや水太りが気になる方にいいと考えられます。

 

運動不足や冷えが原因であるなら、刺激を与えて代謝がアップするようなケアを施してくれます。

 

スキンケアのためにボディエステを利用したいという方もいます。角質や汚れ落とし、美肌マッサージなども取り扱っています。

 

寒い時期であれば皮膚の露出は少ないですが、暑い時期のムダ毛が気になる場合は、お肌を引き締める脱毛コースも受けられます。

 

夏の暑い日が続くようになると、肌が見える服を着る機会が多くなりますので、腕や脚を人前にさらした時にどのように見えるかが気に掛かります。

 

ノースリーブや水着の季節には、背中やウエスト周りなどのボディラインが気になるものです。

 

エステに行けば、ボディケアについて詳しい知識を持っているプロとじかに話しをすることができます。

 

これから自分はどのようなボディケアをすればいいか、助言も受けられるでしょう。

 

年間を通してみると、ボディケアをしたいと思う部位も異なってきます。ボディケアを納得のいくまでするとなると時間も費用もかかります。

 

まとめ

トータルなボディケアをするなら、信頼のおけるエステサロン、エステシャンにお願いしたいものです。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脂肪注入のメリット

 

脂肪注入の利点として大きなものとしては、安全性があります。

 

胸を大きくするには、脂肪注入の他、プロテーゼを挿入するという手法があります。

 

プロテーゼはシリコン、バイオジェル、食塩水などを原材料とした、パックの形をしたものです。何らかの理由でプロテーゼのパックが体内で破損すると、身体に良くない影響が出る可能性があります。

 

パックがもれる可能性は低いとは言われていますが、ゼロではないのです。対して脂肪注入であれば、使う脂肪は自分のものですから、体への悪影響はありません。脂肪注入は、お腹や腿などの脂肪を全身もしくは、部分麻酔した状態で、採取して気になる個所に入れます。

 

所要時間は1時間から1時間半と短時間でできます。

 

体に余計な負担をかけることなく、脂肪注入する事ができます。

 

脂肪注入で胸を大きくする場合、格段に大きくすることは難しいですが、ナチュラルな胸のふくらみが得られます。

 

ナチュラルなバストアップが可能な点が、脂肪注入のいいところです。プロテーゼの場合は、どうしても盛り上がり方が不自然になりがちです。

 

水着を着たりするとどうしても目立ってしまう事が多いからです。脂肪注入は脂肪を吸引して使うので、吸引した場所のサイズダウンもできるというメリットもあります。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

こんにちは!!

ご訪問ありがとうございます。

 

f:id:zaitakuworks:20201106121404p:plain

 

 

洗顔せっけんと洗顔フォームの違い

どんな違いが、洗顔石鹸と洗顔フォームにあるのでしょう。

 

洗顔フォームと洗顔石鹸の違いは、合成界面活性剤が含まれているかいないかだという人もいます。

 

本来なら混ざり合わない油と水を混ぜ合わせ、汚れを落とす働きのあるものを界面活性剤といいます。

 

 

洗顔フォームの成分

油脂成分と水をよく混ぜ合わせ浸透しやすいものをしっかりと作るために洗顔フォームに入れられているのです。

 

石油を原材料にした合成界面活性剤が使われていることが多い洗顔フォームは、環境への悪影響や肌への刺激の強さが問題になっています。

 

他の成分にどんなに肌に優しい成分が含まれていたとしても、合成界面活性剤が混入されてしまえばそれだけで肌を傷める要因となりえます。

 

 

洗顔せっけんの成分

 

界面活性剤をオリーブオイルや植物性油脂から作っていることが、洗顔石鹸では多いためだと言われています。

 

※中には石鹸でありながら天然由来の界面活性剤を使用していない石鹸も存在するようです。

 

 

まとめ

低刺激の洗顔料でなければ肌が荒れてしまうという人はい合成界面活性剤は使わない方がいいかもしれません。

 

石鹸は美しい美白効果や効き目を強く求めているという人にもおすすめの洗顔料といえるでしょう。

 

どちらも洗顔料ですが、洗顔石鹸のほうが肌への刺激はマイルドで済むとされています。

 

購入する際にはしっかり成分表示に目を通すようにしましょう。

アンチエイジングの運動方法

こんにちは!!

ご訪問ありがとうございます。

 

f:id:zaitakuworks:20201106094833p:plain

 

 

 

アンチエイチングの運動方法

 

アンチエイジングの方法の一つに、運動があります。

 

アンチエイジングとは美容だけでなく、いつまでも健康で生きるための医学的な面もあります。

 

運動によって体を動かすことで、アンチエイジング効果を体にもたらすことができるといいます。

 

健康増進のために、アンチエイジングとは行うものです。

 

身体的にネガティブな影響があるような運動ではアンチエイジングはできません。

 

 

アンチエイジングに効果的な運動には、どういったものが存在するのでしょうか?

 

 

  • 毎日一定距離を歩かなくても、ウォーキング

 

  • 体に負担のかからないような、楽しめるような歩き方ができれば立派なウォーキング

 

  • アンチエイジングの作用をアップさせるには、軽度の筋トレや、ストレッチなども併用するといい。

 

  • 筋トレでは、1~2㎏のダンベルを使った運動や、スクワットをするなどして、日常生活では使う機会の少ない筋肉を積極的に使うように。

 

  • 筋トレやウォーキングの後に疲労を残さない整理体操として、ストレッチの習慣をつけると体が楽になると言われています。

 

まとめ

筋トレやウォーキングを1週間に3回~4回行うとアンチエイジングにはいいですが、週1回のペースでもやれば効果がありますので、実践可能な方法から着手しましょう。

スキンケア用品といえば美容液

こんにちは!!

ご訪問ありがとうございます。

 

f:id:zaitakuworks:20201031134211p:plain

 

スキンケア用品

 

スキンケア用品の1つに美容液があります。

 

お肌の栄養剤とも呼ばれている美容液には、ビタミンやミネラルなど美白や保湿に役立つ成分が濃縮されており、美容液は呼ばれます。

 

高濃度で有効成分が配合されているため、他のスキンケア用品と比較して高めになるが金額です。

 

改善の余地を感じたならば美容液の使い時かもしれませんが、美容液を使わずとも肌の状態が良ければとくに問題はないでしょう。

 

化粧水の後にお肌につけるのが、美容液です。

 

他のスキンケア用品にクリームや乳液がありますが、肌に油分でフタをし肌の潤いを保つためのものです。

 

美容液を使う前にクリームや乳液を使うと、せっかくのスキンケア用品の有効成分がお肌に浸透していきません。

 

正しいスキンケアというのは、化粧水で肌の水分量を洗顔後に整えた後に美容液で必要な成分を補い、クリームや乳液で肌をカバーするというものです。

 

細胞賦活効果を化粧水を使う前の肌につけることで高めることのできる商品も販売されています。

 

スキンケア用品の中でも美容液は最先端技術が使われることも多いといいます。

 

タイプによっては有効成分をナノテクノロジーによるカプセルに閉じこめているそうです。

 

まとめ

美容液は配合されている成分や使い方で目的に差がありますので、肌質と自身の狙いに合うケア用品をを選択するようにしましょう。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

ヒアルロン酸の注射によるアンチエイジング効果

こんにちは!!

ご訪問ありがとうございます。

 

f:id:zaitakuworks:20201031131904p:plain

 

 

ヒアルロン酸とは

元来、人体には保湿成分であるヒアルロン酸があって、肌を乾燥から守り、みずみずしい状態を維持しています。

若いころはたっぷりあったヒアルロン酸も、年を重ねるにつれて減っていき、皮膚の表面がカサカサに乾燥してしまいます。

皮膚のヒアルロン酸が少なくなると、保水力が乏しくなった皮膚は乾燥しやすくなります。

年をとるとしわやたるみが増え、年老いた見た目になりますが、これは、皮膚の潤いがなくなり弾力が失われたためです。

顔などにシワやたるみが出てしまうと老けたイメージが出てしまうことから、何かしらの対策をしたいと思っている人は少なくないことでしょう。

ヒアルロン酸を、かさがへった部分の皮膚に注入することで、お肌のボリュームを出すことができます。

たるみのある部分にヒアルロン酸を注射することで、しわを消すといったアンチエイジングの作用が期待できる方法です。

美容効果のあるヒアルロン酸を注入することで、お肌の乾燥が改善され、状態がよくなることもあります。

人間のお肌に誰にでも存在しているヒアルロン酸を用いるのですから、お肌にダメージがいくような心配もありません。

皮膚に注射されたヒアルロン酸は、時間をかけて少しずつ分解されていきます。

そのため、注入した後の効果はだんだんと薄れていくので、再び同様の施術を行う必要があります。

抗老化作用を高めるために注入するヒアルロン酸の研究は進んでおり、体内での吸収スピードがゆっくりなヒアルロン酸もできつつあります。

 

エステと病院で行われる脱毛の違いについて

こんにちは!!

ご訪問ありがとうございます。

 

f:id:zaitakuworks:20201029150834p:plain

 

 

エステでの脱毛か、クリニックなど医療施設での脱毛かで、迷っているという人もいるようです。

 

エステでの脱毛

 

脱毛施術を受けたい場合は、エステに行けばいいということは、エステ自体が広告宣伝に力を入れていることもあり、広く周知されています。

 

脱毛にかかる料金も、以前と比べて随分と安くなっているイメージがあり、多くの人に利用されるようになってきています。

 

いまだ知らない人が大勢いるものですが、エステだけでなく、病院で脱毛処理がしてもらえることがあります。

 

病院での脱毛

 

病院で行われる脱毛処理は、医療用の機器を使用するので、安全に施術が受けられるという特徴があります。

 

そもそも脱毛は、毛を生えてこなくさせることを目的として行われるものです。

 

医療機関では、脱毛のためにレーザー光を皮膚に浴びせ、毛根に存在する毛母細胞を焼却することで、新しい毛ができてこないようにします。

 

レーザーによってムダ毛をつくるための細胞を壊せば、

毛根からはムダ毛の再生がなくなります。

 

脱毛施術を行うスタッフも、医療行為のできる医師資格を持つスタッフによるものなので、安心して受けられます。

 

まとめ

エステでは、脱毛施術を行う時に、医療用レーザーは使えないことになっています。

 

毛根にダメージを与える医療用のレーザーは、医師がいる病院でしか取り扱うことができないようになっています。

 

エステサロンでは、フラッシュと呼ばれる弱い光を当てて脱毛施術をしていますが、医療用レーザーほど毛根を破壊する強さはなく、施術しても再び毛が生えてくることがあります。

 

病院では、皮膚科にご相談下さい。

 

私は、エステで脱毛しました。痛くなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

あなたはどのように顔の産毛を処理していますか?

 

 

こんにちは!!ご訪問ありがとうございます!!

 

あなたはどのように顔の産毛を処理していますか?

 

処理していない人も中にはいるかもしれません。


しかし、顔の産毛をそのままにしておくと、顔全体が暗く見えてしまい、肌も汚く見えてしまうかもしれません。

 

そのため、顔の産毛を処理することをオススメします。

 

ただ、こう聞くと

「でも、セルフだとどうやって処理すればいいのかわからない」

という方もいると思いますから今回は、顔の部位ごとに産毛の処理方法をご紹介します。

 

〇 顔の産毛を剃る4つの美顔効果

顔の産毛を剃ると、様々な効果があります。


主に挙げられるのが以下の4つです。

 

・顔が明るくなる
・化粧のノリがよくなる
・古い角質を除去できる
・ニキビ予防

どれも女性にとって嬉しい効果ばかりですよね。


つづいて、産毛の正しい処理の方法をご紹介します。

○ 産毛を剃るための道具

産毛を剃る前に、必要なものを揃えましょう。


必要なのは、以下に挙げた道具です。

 

各アイテムを図で解説すると親切です


・I字型のカミソリ
・シェービングクリーム
・化粧水
・乳液などの保湿クリーム
・シェービングクリームを伸ばす柔らかいハケ(チーク用ブラシがおすすめです)
サランラップ
・蒸しタオル

 

ちゃんとした道具を揃えると、サッと産毛の処理ができます。


一方で、「安いから」と買ったカミソリや、長期間に渡って使い続けているカミソリで処理すると、肌トラブルを引き起こしかねません。そのため注意が必要です。


〇基本の剃り方

 

顔の産毛を剃る際には、ヘアバンドやヘアゴムなどで、顔に髪の毛がかからないようにしましょう。また、そのままカミソリを使用すると、肌を傷めてしまう可能性があります。


そのため、メイクをしっかりと落とした後に、ホットタオルを使って、顔全体を5秒ほど温めます。

 

こうすることで、産毛や肌を柔らかくして剃りやすくなると言われています。
その後、カミソリを鉛筆を持つイメージで持ち、産毛の生えている方向に逆らって剃っていきましょう。

 

カミソリの刃が、肌に対して垂直だと、肌を傷つけてしまう可能性があります。
そのため、肌と刃が平行になるように意識をしてください。


〇 おでこの剃り方


おでこの産毛は処理していない、という方も多いかもしれません。


しかし、1度処理するだけで垢抜けた感が出る人もいるほど、実は重要な部位なのです。


まずは、ヘアバンドやピンなどで前髪を垂れてこないように固定します。

つづいてシェービングクリームをおでこ全体に塗りましょう。


そして、生え際から、おでこの中心に向けてカミソリで剃っていきます。


このとき生え際から1cmほど開けて剃り始めると、ナチュラルな印象に仕上がります。

 

〇眉間の産毛の剃り方


眉間の産毛をそのままにしておくと、眉毛が繋がっているように見え、モサっとした雰囲気になってしまう可能性も。そのため、きちんと処理しておきましょう。

 

おでこを剃ったときと同じように、まずはシェービングクリームを塗ります。その後、カミソリで産毛の流れに合わせて剃っていきましょう。

 

眉間の産毛を剃る際は、カミソリを持っていない方の手で両眉頭を押さえて眉間の皮膚を引っ張ると、剃りやすくなります。

 

〇鼻の産毛の剃り方


鼻は顔の部位の中でも剃りにくい部位です。


そのため、丁寧に行わないと鼻を傷つけてしまう恐れも。


なお、丁寧に処理すれば鼻周りのメイクのノリを良くすることができます。


まずは鼻全体にシェービングクリームを塗りましょう。


できれば、いつも使っているカミソリよりも小さめのものを使うようにしてください。


そして角度によって傷つけないために、しっかりゆっくり処理していきましょう。


〇口周り(あご・鼻の下)の産毛の剃り方


口周りの産毛は、他の部位よりも濃いことが多いため、週に1回を目安に処理を行うようにしましょう。

 

産毛が濃いと、男性のような髭が生えているように見えてしまう場合もあります。

 

しかし、このように頻繁に産毛の処理をすると肌荒れを引き起こす可能性があるため、アフターケアはしっかりおこなってください。

 

まずはシェービングクリームを塗り、上から下に向かって、カミソリなどで産毛を処理していきましょう。アフターケアについては、保湿クリームのほか、化粧水や乳液もぬりましょう。

〇 頬の剃り方


頬の産毛は薄いため、剃らないという方も多いようです。

 

ただし、頬の産毛を処理するだけで顔全体が明るい印象になる人もいるため、剃ることをオススメします。しかし、頬は乾燥しやすい部分なので、処理をした後は、しっかりとアフターケアを行うようにしましょう。

 

まず、頬全体にシェービングクリームを塗ります。


つづいて、小鼻の横から外側に向かって、カミソリで産毛を剃っていきます。


頬を傷つけないように、カミソリを持っていない方の手で耳の方に皮膚を引っ張りながら剃ると、処理がしやすいです。

 

 


〇 もみあげの剃り方


もみあげの産毛を処理すると、横顔をスッキリした印象にさせる効果があると言われています。

 

一方で、上品な印象にしたいときには、耳たぶくらいの長さにするのがオススメです。


ロングやミディアムヘアーなどで、普段髪を縛ってアップスタイルにすることが多い方は、スッキリとした印象にするために、もみあげを全部剃ってしまうのも良いかもしれません。

 

髪のサイドの毛を後ろで束ねましょう。


つづいて、コームを使って、もみあげの毛の流れを整えます。


剃る前に、アイブロウなどで、理想のもみあげの長さに目印をつけておくと便利です。
その後、シェービングクリームを塗り、もみあげを剃っていきます。


もみあげが濃い場合は、ハサミとコームを使って軽くカットする〇フェイスライン

 

フェイスラインのそり方


フェイスラインは、自分では見えづらい部分です。


そのため、産毛の剃り残しが多い部位でもあります。


剃り残しを作らないためにも、明るい場所で、よく確認しながら産毛の処理を行いましょう。


首を傾けることで、正面からは見えにくい産毛の剃り残しを防ぐことができます。
また、皮膚がたるむと剃りにくいので、反対の手で肌を引っ張りながら剃っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇セルフで顔の産毛を剃る際の注意点


慣れていない方がセルフで顔の産毛を処理すると、肌トラブルになってしまう場合もあるかもしれません。

 

そこで本節では、注意をすべき4つのことをご紹介します。

 

・毎日剃る


毎日カミソリで処理をしていると、肌にダメージが蓄積されていきます。
また、必要な角質が剥がれ落ち、バリア機能が失われる恐れも。
そのため、個人差はありますが、ムダ毛の処理を行う頻度は2~3週間に1度にしましょう。

 

洗顔料やボディソープを代用する


シェービングクリームが手元にないときに、洗顔料やボディーソープを使用する方もいるそうです。しかし、それらは本来ムダ毛の処理をするためのアイテムではありません。

 

そのため、長時間顔にのせたままにしておくと、肌トラブルの原因になってしまうことも。


こうならないためにも、シェービングクリームを使用しましょう。

 

・浴室で剃る


お風呂場でムダ毛の処理や産毛の処理をしている人も多いのではないでしょうか。


しかし、お風呂は部屋の照明に比べて暗い場合が多いです。


そのため、顔の産毛をしっかりと処理するのは難しいでしょう。


また、お風呂場などの湿気が多い場所でカミソリを保存をしていると、雑菌が繁殖し安いため、注意が必要です。


・生理中・妊娠中に剃る


生理中や妊娠中は普段の肌に比べて肌荒れを引き起こしやすくなっています。


そのため、なるべくカミソリを使用しない方が良いです。


また、生理中や妊娠中でなくても肌荒れを引き起こしている時や体調が優れない際は、産毛の処理はストップしましょう。


顔の皮膚は、他の部位よりも薄いと言われています。
そのため、しっかりシェービングクリームを塗ってから、剃っていきましょう。


また、剃った後も保湿クリームや化粧水でアフターケアをするようにして、肌トラブルにならないよう気をつけることが大切です。

発酵馬プラセンタ